クレジットカードのお得な作り方

  • クレジットカードの選び方

    • クレジットカードは、買い物や支払いに使うことができて便利です。

      銀行振り込みや代金引換えのように手数料が発生することがありません。


      その上、クレジットカードで支払いをするとポイントが還元されます。



      このポイントで買い物をしたり、支払いができるので、現金で直接支払いをするよりもおトクです。


      このポイントですが、カードの発行会社によって還元率が違います。
      還元率が1%とすると、1000円の買い物につき10ポイントがたまります。



      これが0.5%だと、半分の5ポイントしかもらうことはできません。

      クレジットカードの使用回数が増えてくるほど、還元されるポイントに差がついてきます。
      月々の支払いが3万円あるとして、年間では還元率が1%の場合は3000ポイント、0.5%の場合は、1500ポイントになります。このように還元率が違うと、付与されるポイントに大きく差がついてくるので、カードを発行するときは、なるべくなら還元率の高いカードを選びたいものです。
      カード発行会社のポイント規定が変わらない限り、このポイントは何年にもわたってもらえるので、おおいに節約になります。



      このようにして付与されるポイントは、いろいろな商品やアマゾンギフト券などのギフト券、楽天ポイント、Tポイントなどの他のポイントに交換できます。
      また、マイルにも交換することともできます。


      クレジットカードを発行するときは、ポイントの還元率に注目してポイントのよく貯まる会社を選びましょう。

top